仕事とプライベートが
ほどよい距離感で調和した
「職住隣接」な家

これまでは、「住む」ことだけを考えればよかったマイホーム。
在宅ワークの普及に伴い、「住む」と「はたらく」がバランスよく共存する家を希望する方が増えています。
今だからこそ提案したい、その両方を叶える究極の住まいをご紹介します。

戸建

家族みんながハッピーになる 手段としてのリノベーション

独立を機に、約10年前から自宅で仕事をしているというご主人。結婚し子どもが生まれ〝家族のカタチ〟が変わることで、仕事と生活が分けづらくなり、ほかに事務所を借りることを考えていたのだという。しかし、ご夫婦で話し合いを重ね、中古物件をリノベーションして〝仕事と生活が分けられる家〟を作ろうという結論に至る。そうして見つけたのが現在の住まい。築40年の古いマンションだったが、110㎡の広さが何よりの魅力だった。「ネットで見つけた物件を『はぴりの』さんに相談したら、丁寧に調べてもらえたので安心して購入することが出来ました。夫婦ともに、古い物件を大切に住み継いでいくことに魅力を感じていたので即決しました」とご主人。
肝心の仕事部屋は、玄関からすぐの場所に設けた。というのも、敢えて〝靴を履いて〟移動しなければならないようにしたのだ。「仕事↔生活を切り替えるのに一度〝靴を履く〟という行為を挟むことで、オンオフがうまくいっています。同じ家の中なのに、出社している感覚になるんです」とご主人。「正直、ここまで〝仕事と生活のシェア〟がうまくいくとは思っていませんでした。子どもが夫の仕事部屋に押しかけることもなくなり、私も子どもを注意する必要がなくなりホッとしています」と奥さま。家族全員がハッピーになれる――これこそが、リノベの醍醐味、魅力ではないだろうか。

壁2面を躯体現しにした仕事部屋。移動時間“ゼロ”で仕事と生活の場を行き来することができる

このリノベを手がけた会社

  • 株式会社はぴりの
  • 福岡市城南区神松寺3-21-10
  • 092-980-1100
  • Webサイト
他の事例も見る 資料を取り寄せる