子育て中も、子育て後も
オトナが満足する「贅沢空間」

戸建

夫婦の暮らしを軸に考えた 「オトナが恋するマイホーム」

日本の持ち家は「子育て」を中心に見据えるのが一般的だが、よくよく考えてみると〝子ども部屋〟が必要なのはわずか10年ほど。35年もの間ローンを払い続けるのに、本当にそれでいいのだろうか。子どもが巣立ってからも夫婦の暮らしが続いていくのに、だ。
そこではぴりのが新しく提案するのは「夫婦が充実した時間を過ごせる家」。リノベーション事業部の吉田恒太郎さんが、現場コーディネートを担当した。「〝空間の在り方〟を見直すことがテーマになっています。在宅ワークも一般的となり、家で長い時間を過ごすことを考えて、広いリビング空間を確保。その分、子ども部屋を3畳程度に抑え、将来的に夫婦のワークスペースとしても使えるようにしました。家族のカタチの変化はもちろん、これから迎える〝働く〟と〝住む〟が共存する時代のニーズに合わせてのことです。キッチンやお風呂はモデルルームの企画段階から協力いただいたトクラスのハイグレードな製品を選定。間接照明を取り入れることで、大人が落ち着く〝空間演出〟にも力を入れています。ただ、床暖房は管理組合の許可がおりず泣く泣く断念…。みんなで暮らすマンションだからこそ、そういった妥協点はどうしても出てくるもの。それでも、永く愛していただける家が完成しました」と吉田さん。
これから迎えるニューノーマルな時代にもマッチするオトナのラグジュアリー空間。3月末までは内覧も可能(要予約)なので、この機会に体験されてみてはどうだろう。

コンロ側だけで横幅3.9mという広さが魅力的なトクラスのキッチン。隣に構えたダイニングテーブルは、食事を楽しむのはもちろん、中庭の景色を横目に、ちょっとしたパソコン作業にもひと役かってくれる。洗面所やトイレなどは“ラグジュアリー”にこだわり、オンオフのメリハリを楽しむ仕様に

 

このリノベを手がけた会社

  • 株式会社はぴりの
  • 福岡市城南区神松寺3-21-10
  • 092-980-1100
  • Webサイト
他の事例も見る 資料を取り寄せる