古き良き和の風合いが生きた
心地良く、たおやかな住空間。

「年齢を重ねるたびに、古い和のテイストに惹かれて…」。
日本の民芸家具を取り入れ、奥ゆかしい空間を表現したS邸。
必要に迫られたリノベが、理想の住まいに繋がった好例です。

マンション

壁紙の修繕がきっかけで
これからも長く愛せる家へ

トクラスのI型キッチンに、ベージュのモザイクタイルを重ね、柔らかな風合いをプラス。壁には造作の食器棚を設け、お気に入りの食器を収納。棚の長さを微妙に変えるといった絶妙な無造作感がお見事!

S家がこのマンションに住んで約20年。当時は新築だった自宅もクロスが剥がれたり、湿気によるカビが生じたりと、気になる部分が露わになっていたそう。また、息子さんが進学で上京したこともあり、使っていた子ども部屋の改装と、壁の張り替えのリノベーションを行なうことに。そこでデザインリフォームが得意な『3rdCafe』に相談した。「施工例を見た時に、自分が好きなテイストに合うなと。また、系列の『サードカフェ』では実際にキッチンの材質や素材の色味を見せてもらえて、使用感のアドバイスも参考になりました」と奥さま。一部からフルリノベーションにプラン変更し、それまで悩みの種だった壁や収納の問題を解消しながら、自分たちの好きな家具やパーツを集めて、和と洋のエッセンスが溶け込む素敵な住まいを作り上げた。

中でも印象的なのは、キッチンとダイニングの優しい佇まい。中央のコンクリート柱の前には、どっしり存在感を放つ日本民芸の収納家具が置かれ、空間に深みを与えている。「自分たちの先々の好みをイメージして、心落ち着く古い和風家具を取り入れてみました」。それを引き立たせるように空間は茶と白をベースに、穏やかな空気感を放つS家らしい世界観を見事に表現した。

子ども部屋は、ウッドプリントとシックカラーの2面の壁紙をセレクト

リノベQ&A

お気に入りの場所は?

キッチンやダイニングの温もりのある佇まい。ダイニングテーブルの上に3つ並べたモザイクガラスのペンダントライトが可愛らしくて、壁一面の食器棚とタイル張りのキッチンもカフェテイストで大満足です。

Renovation Data

  • 設計:(株)サードカフェエンタープライズ
  • 施工:(株)サードカフェエンタープライズ
  • 築年:29年
  • 家族構成:3人(夫妻、娘)
  • 設計期間:約3ヵ月
  • 施工期間:約4ヵ月
  • 工事費:700万円

このリノベを手がけた会社

  • 3rd. Cafe LIVING STYLE
  • 福岡県春日市白水ヶ丘4丁目7
  • 092-983-3093
  • Webサイト
他の事例も見る 資料を取り寄せる