建築家と料理人が考える
「これから」の飲食空間。

北九州を拠点に活躍する建築家・田村晟一朗さんと
パンデミックを機に移転オープンを決意した
レストラン『OHNO』のオーナーシェフ・大野政文さん。
ふたりの感性が響き合って生まれた新店舗で、
それぞれが空間に込めた思いを語り合ってもらった。

戸建

料理から空間を導き出し 空間から料理を創造する

小倉城のお膝元・小倉北区京町に誕生した『OHNO』は、オーナーシェフ大野政文さんの依頼で、建築家・田村晟一朗さんが設計したフレンチレストラン。二人の出逢いは数年前。「ワンネスコーヒーブリュワリーズ」や「ランプ壱岐」を見て、田村さんのつくる空間に魅せられた大野さんの店に、田村さんが食事をしに来たのがはじまり。地元産の鮮魚や無農薬野菜を使用してつくる「小倉」にローカライズされたフレンチの味に惚れ込んだ田村さんは、それ以来、月1ペースで訪れる常連客になる。 一方で移転の計画はその前からあった。理由は、前店舗の空間と自身の料理の「性格」が合わなくなってきたため。大野さんが感じていた違和感を、田村さんも察知していた。そんな折に起こったパンデミックによって、奇しくもじっくり考える時間ができた大野さんは、時を同じくして二人目のお子さんを授かったのを機に「今が移転のタイミングだ」と田村さんに相談を持ちかけた。
新店舗に選んだ物件は、以前から目星をつけていた築80年の古民家。昔ながらの長屋が続く通りの趣も決め手のひとつとなった。門扉から溢れる灯りに誘われて店内を覗くと、ひと際目を引くのは、樹齢500年の桜の木のカウンター。虎杢模様の一枚板が、器や料理をやさしく引き立てる。和洋が調和した町家風の空間は、大野さんの料理の本質を見抜き、田村さんが導き出した最適解。ここに身を置くと、新しい料理のアイデアが浮かぶと大野さんは語る。「古い建物でも命を吹き込めば、新たな価値を生み出せるという田村さんの考え方が好きなんです。フレンチもまた、扱いにくい素材をソースでおいしく食べられるよう工夫してきた歴史があり、料理も建築も「素材」の活かし方次第なんですよね」。

リアルな場所や時間の 「豊かさ」を味わう時代

厨房までスッと見渡せる奥行きのある店内に設けたのは、8〜10席のカウンター席。ソーシャルディスタンスに配慮し、当面は貸し切りで営業する予定だ。プレオープンに来てくれた常連さんも「ゆったりできる」と喜び、久々に味わう大野さんの料理を楽しんだ。コロナ禍で「時間軸やスペースの捉え方が変わってきたのでは」と予測するのは田村さん。リアルなコミュニケーションが希薄な時代だからこそ、近しい人と楽しむ外食の機会は貴重なもの。そういった場や時間をより豊かに過ごしたいと願う傾向は、アフターコロナの時代も続いていくと考える。それは、店側にとっても同様だ。移転を機に自分たちにとって「本当に大切なもの」は何かを考えた大野さんは、新店舗では「看板を出さずに営業する」ことを決めた。「スマホひとつで何でも調べられる時代に、調べようがない店があってもいいと思うんです。食べることが好きな方なら、看板がなくともきっと見つけてくれるはず。生意気なようですが、出会うべくして出会えたお客様を大切にしたいんです」。大野さんの新たな挑戦を知り「嬉しかった」という田村さんは「中身を磨き上げていればお客さんは自ずと来てくれる。僕もそう信じて仕事をしています」と笑顔で語った。

カウンターの木材は「森山銘木」を訪れて一目惚れした桜の木を選定。2Fには常時30種類以上を取り揃える自然派ワインのセラーと小さなキッチンを設置し、テイクアウト商品の製造にも力を入れていく

OHNO
福岡県北九州市小倉北区京町1-2-14
TEL 080-9406-5766
https://restaurant-ohno.net

このリノベを手がけた会社

  • 株式会社タムタムデザイン tamtamDESIGN Co,Ltd.
  • 北九州市小倉北区京町1-4-11 3階
  • 093-967-3115
  • Webサイト
他の事例も見る 資料を取り寄せる