いつも光に満たされる
フレンチスタイルの家

白を基調とした空間に、
レンガ調の壁紙やアイアンの手すりをプラス。
姉妹もお気に入りの家が完成しました。

戸建

ポテンシャルを最大限に 生かして完成した家

奥さまの実家近くに、一軒家を借りて暮らしていたYさん一家。そろそろ将来のことを考え、家を持ちたいと考えている時に出会ったのがDNA(デザインネットワークアソシエイツ)の代表・村山さんだった。「市が主催する女性起業家の集まりで名刺交換をさせていただいて、『あっ、この方にお願いすれば大丈夫』と直感したんです」と奥さま。ちょうどその頃、リノベーションのベースとなる空き家を見つけていたYさんは、早速村山さんに相談することに。「すぐに土地のポテンシャルから家の構造、隅々まで見てくださって『う〜ん、ここは難しいかも』と。けれど程なくこの家が見つかった時は、また同じく査定をしてくださった上で、太鼓判を押してくれたんです。実際、こうして完成してみると満足しかなくて、プロの目線でしっかりアドバイスを頂けて本当に良かったと思っています」。
築45年の家は、前オーナーが大切に暮らしていたことから痛みも少なく、窓はほぼそのままに、和室を洋室にしたり、天井を上げたりなどのアレンジをプラス。ダイニング横にはサンルームを設け、奥さま念願のランドリースペースも実現させた。また壁紙や照明は、インテリア関係に勤めるご主人がセレクトを担当し、ニューファミリーにぴったりのフレンチテイストな空間が完成。またリノベーションを機に家全体に断熱材を入れ、オール電化にしたことで、光熱費もグンと抑えられるようになった。 「あまりに快適すぎて、ずーっと家にいたくなるんです。ちょうど入居が緊急事態宣言の前だったのですが、この家で過ごすことができてラッキーでした」。
ちなみにサンルームの奥には、広々とした庭も広がっているY家。  将来的にはここに夫婦の寝室か子供部屋を設ける予定だとか。「そのあたりはまたゆっくり考えます(笑)」。〝今〟の家族に合った家を、しばらく楽しみたいのだそう。

手前はもともと仏間だったところを、奥のダイニングスペースと繋げてリビング兼、子供部屋に。「できるまで想像できませんでした!」とご主人(奥右)。隣に座るのは、Y家のリノベーションを一手に引き受けた棟梁の永石さん

リノベQ&A

リノベーションを選んだのはなぜ?

予算内で家を持ちたかったことが第一。またイチから建てるより、ある程度広さや間取りなどの制限がある中で、ベストな選択をしていくリノベーションのプロセスに魅力を感じたからです。

Renovation Data

  • 設計:リノベ不動産 DNAすたいる
  • 施工:リノベ不動産 DNAすたいる
  • 築年:45年
  • 竣工:2020年3月
  • 延床面積:91.91㎡ ㎡
  • 家族構成:4人(夫婦、子ども2人)
  • 設計期間:3ヵ月
  • 施工期間:3ヵ月

このリノベを手がけた会社

  • リノベ不動産 DNAすたいる
  • 古賀市久保1254-13
  • 0120-881-806
  • Webサイト
他の事例も見る 資料を取り寄せる