玄関から土間を経てバルコニーへ 人々が集い、楽しめる空間を実現!

子どもの独立を機にリノベーションを検討。
互いに設計を生業とするUさんご夫妻が
5年の構想期間を経て理想の住まいを完成させました。

マンション

夫婦2人暮らしになり
リノベーションを検討

25年前、この部屋の移住に合わせて購入したローテーブルをそのまま使用。脚の色に合わせてキッチンの色を決めたという。アイランドキッチンのため、レンジフードの高さは最後までこだわり、現場での検証を重ね、現在の高さに決まった

25年前に新築で購入したマンションのリノベーションを意識し始めたのは、息子さんの大学進学に伴い夫婦2人暮らしになったことがきっかけ。Uさんご夫妻は共に設計の仕事に従事しており、理想の空間を実現しようと試行錯誤を重ね、気づけば5年の月日が過ぎていた。「決断のきっかけは消費増税と息子の結婚です。逆算すると’19年春には発注・着工しなければなりませんでした」。施工はご友人の推薦でマンションや戸建のリノベーションを数多く手掛ける[東海住宅販売]に依頼。担当者の白木原さんは設計事務所に勤務した経験もあり、現場で起こる問題もスムーズに解決してくれた。また、[東海住宅販売]は賃貸物件も多数保有しているため、施工中の仮住まいも用意してもらったそう。
以前から友人や親戚を招き、食事やBBQを楽しんでいたというUさん夫妻。今回のリノベーションでは、キッチンを中心に据え、ルーフバルコニーやトイレにも、土間を通じて靴のまま移動できるような間取りにした。「きっと彼女は気にいるだろうという確信があったので、以前の仕事で繋がりのあったプランナーズジャパンさんのショールームに連れていきました」と、ご主人。その言葉通り、キッチンはすぐに決まり、そこからプランを組み立てていったという。「リノベーションを通して、自分の生活スタイルやモノとの向き合い方を整理できましたね」。とふたりは満足そうに話してくださった。
暮らし初めて約半年。週末ごとにお披露目会を催し、楽しい時間を過ごしている。

これまで読んできた本を全て見通せる空間にしたいと、壁一面を本棚に。床以外の木部は全てMDF(中質繊維板)を採用し塩ビ素材を極力排除するなど、環境にも配慮した

リノベQ&A

リノベーションを選んだのはなぜ?

長年暮らしていて愛着もありましたし、駅や仕事場からも近く便利だったため、スケルトンリノベーションを選択。老朽化した設備も全て取替え、発泡性断熱材や内窓も取り入れ、断熱性能を高めたいという想いもありました。

Renovation Data

  • 設計:祐建築設計事務所
  • 施工:東海住宅販売株式会社
  • 築年:25年
  • 竣工:2019年
  • 延床面積:67㎡ ㎡
  • 家族構成:2人(夫妻)
  • 設計期間:3ヵ月
  • 施工期間:3ヵ月

このリノベを手がけた会社

  • 有限会社 祐建築設計事務所
  • 福岡市東区水谷2-19-4-502
  • 092-672-5691
  • Webサイト
他の事例も見る 資料を取り寄せる