家主の感性×プロの技で
上質な空間が広がる住まい

壁一面の〝魅せる本棚〟に心奪われてしまう!
アンティークや籐のかご、好きなものに囲まれながら
陽の光に満ちた角部屋で心地よく暮らす。

マンション

暮らす人の感性と想いを
やさしく育む空間づくり

開放的なリビング空間の主役は造作の本棚。キッチンとリビングの一体感も心地よい

そろそろ家を持とうとMさん夫婦が物件を探したのは、子どもたちが住み慣れた校区。普段はネットを使わない奥様もこの時ばかりは小まめに物件情報をチェックし、3年掛かりでやっと出会えたのが、陽当たりの良い角部屋だった。窓越しに神社の豊かな緑が映る絶好のロケーション。「フルリノベーションを希望していたので、リフォーム前の物件を探していました。大きい予算を動かすので自分たちの好みの部屋にしたいと『フクオカリノベ』で探した中でも、断然好みだったのがディ・ベックさんの物件でした」とMさん。早速、ホームページを見てメールしたところ、すぐに返信が来て安心したという。「大﨑さんは人当たりがとても良く、僕らの意見を尊重してくれるんですよ。それでいてセンスも抜群。正直に話してくれてこんな人いるんだろうかと思うくらい。材質にも結構こだわったんですが、覚悟していたより費用もかからずに済んで、もっと儲けた方がいいんじゃないのと思ったほどでした(笑)」とディ・ベックへの信頼は厚い。無垢材や塗り壁も時が経ち風合いが増す経年変化を楽しみたいというのがMさんのスタイル。質感にこだわるMさん、籐のかごを集めるのが好きな奥様、経験と技を持つディ・ベックの見事なコラボで完成した家は、どこを眺めてもため息が出るくらい素敵な空間が広がっている。その家の中心で主張せずとも存在感を放つのが壁一面の本棚。クリエイティブな世界に身を置くMさんが集めてきたコレクションが並ぶ〝魅せる本棚〟こそMさんと大﨑さんによる最高傑作だ。

まるでオーダーしたようにサイズ感がぴったりなダイニングテーブルと窓際のキャビネットはアンティークショップで見つけたもの。角部屋ならではの明るい雰囲気のリビングの中でもお気に入りは、タイル張りした床のコーナー部分。植物スペースとして良いアクセントになっている

リノベQ&A

リノベーションを選んだのはなぜ?

同じエリアで賃貸の戸建てに住んでいたMさんだが、住み慣れたエリアで子どもたちのためにも校区を変えずに家を探すとなると、中古マンション+リノベが理想だと夫婦で意見が一致。

Renovation Data

  • 設計:ディ・ベック株式会社
  • 施工:ディ・ベック株式会社
  • 築年:25年
  • 竣工:2019年8月
  • 延床面積:80.98㎡㎡
  • 家族構成:4人(夫妻、お子さま2人)
  • 設計期間:2ヵ月
  • 施工期間:1ヵ月半

このリノベを手がけた会社

  • ディ・ベック株式会社
  • 福岡市城南区七隈6-18-43
  • 092-874-5311
  • Webサイト
他の事例も見る 資料を取り寄せる