建築に魅了された二人から
生まれたデザイン空間。

依頼主は家づくりに精通する設計士Kさん。
リフィルライフの高倉さんとの出会いから
生まれた空間は、新しくて心地よい空間。

戸建

Kさんの理想空間を
繊細な感性で実現

年月を重ね、家族環境が変化するとともに可変性のある住まいを提供したいと活動を続けるリフィルライフ。設計の髙倉さんが生み出すデザイン性の高い世界観に惹かれ、フルリノベーションを依頼したのは、自身もハウスメーカーの設計士というKさん。「設計事務所で働いた後、30歳でハウスメーカーに転職。転勤で福岡に戻る際、妻の実家に近い方がいいだろうと、この近所の賃貸マンションに住んでいました」とKさん。そろそろ家を構えようと考えた時、土地の費用から必要となる新築より、中古マンションをリノベーションした方が予算に合うのではと『フクオカリノベ』を購入。そこで目にとまったのが、リフィルライフのページだったという。「高倉さんが考えている将来的に変えられる〝可変性のある家づくり〟に共感しましたね」とKさん。また、以前はアンティーク家具の会社で働いていたという奥様も床の素材感や内装の仕上がりの雰囲気に魅力を感じたそう。夫婦の意見が一致したところで、いちばんにリフィルライフを訪ねた。物件選びから相談し、出会えた物件が今の住まいだ。一般建築ではレアなコーナーガラスがあり、一目で物件を気に入った。「近くに川が流れているので、ハザードマップ的な部分を調べつつ、下見した物件の中でもいちばんいじりやすそうだと感じて決めました」。玄人目線で物件を決めたKさんは、自身のイメージを伝えるため、簡単な手書きラフを提示した。「設計士の高倉さんと話をした時、すべて任せてもいいなと感じました。イメージだけ伝えた後はほとんどお任せ状態でしたね。材質も色関係もほとんど口を出していません」と高倉さんに絶大な信頼を寄せたリノベがスタートした。

Kさんが一目惚れしたコーナーガラスの部分は多目的スペースに。土間でスノーボードの板の手入れをしたり、本を読んだり、趣味部屋としてゆっくり過ごすための空間が完成

アンティークと調和する
土間が懐かしくも新しい

玄関から続く土間スペースは広く、左側には書斎や簡易ベッドとして利用できるマルチスペースも。ゲストをもてなすにもキッチンのカウンター越しにお酒を酌み交わし、思い思いにくつろいでもらえるという。キッチンに立つ人と座る人の目線が合うよう15cmほど段差をつけている

驚くのは、土間があること。その左手には、多目的に使えるスペースを配置。そして、右手にはキッチンとリビングがまっすぐ奥まで続いている。「大学のインターンで訪ねた建築家の先生のオフィスがデザイナーズマンションの一室にありました。両サイドに窓があり、縦に長く伸びる空間を見て、こんな場所で暮らしてみたいと思っていたんです」。そんなKさんの思いを叶え、奥様が大切に集めてきたアンティーク家具と調和する温かみのある素敵な住まいが完成した。「今だから話せますが、家具がない状態でドアの色を見た時、大丈夫かなと一度だけ不安になりました。でも、家具を置いたら見事にしっくりときて。参りましたね(笑)」とKさんが話してくれた。

リノベQ&A

リノベーションを選んだのはなぜ?

「一つは予算的な部分が大きいですね。妻の実家はマンションで庭の手入れもないし、ご近所付き合いの程よい感じもいいなと。将来的な維持費も判断材料になりました」とKさん。

リノベーションで楽しかったことは?

「高倉さんからの提案をいただく度に、自分が好きなテイストで『素敵!』と思えることばかりでした」と奥様

Renovation Data

  • 設計:Re-FillLIFE(西日本グッドパートナー株式会社)
  • 施工:Re-FillLIFE(西日本グッドパートナー株式会社)
  • 築年:28年
  • 竣工:2019年6月
  • 延床面積:76.8㎡ ㎡
  • 家族構成:2人
  • 設計期間:2ヵ月
  • 施工期間:2ヵ月

このリノベを手がけた会社

  • Re-FillLIFE リフィルライフ/西日本グッドパートナー株式会社
  • 福岡市中央区清川2-4-29 新高砂マンション1階
  • 092-410-6888
  • Webサイト
他の事例も見る 資料を取り寄せる