ライフスタイルとセンスを具現化した
自分らしい時間が流れる住空間。

好きなデザインやカラーのファッションを楽しむように、
心地よい住まいで毎日を満喫しているSさんご夫婦。
[ヴィリオ]と出会い、思い描いた世界がカタチになりました。

マンション

家づくりの体験から生まれた新しい夢

Living:ダイニング、キッチン、ワークスペース、子どものプレイゾーンが一つの空間でつながったリビング。壁の色は奥さまが好きなベージュ系のグレーを基調に、引き締まったネイビー、ナチュラルな木の素材を組み合わせた。カウンターテーブルは、将来子どもの勉強スペースとしても活用できる。

 

北九州市を中心に、10店舗以上の洋服店を経営するSさんご夫婦。3年ほど前、店舗の内装を[ヴィリオ]の寺井さんが担当したのがご縁だった。当時は2DKの賃貸マンション住まいだったが、子どもが生まれて引っ越しを考えるように。ネット検索で寺井さんが手掛けたリノベーション住宅を知り、オープンハウスを見に行った。「賃貸とは違って、ありきたりではない設計に感動しました。洋服と同じように、住空間でも自分らしさを表現して、そこで生活するのは楽しそうだなと思ったんです」。
実家が工務店という環境で育ったご主人は、家づくりに興味を持ち、物件を見たり本を読んだりして熱心に勉強した。リノベーションに適した中古マンションを選び、施工時にはリビングの壁を自分で塗るなど積極的に参加した。リノベ体験を通して、新しい夢もできたSさん。「この心地よさを他の方にも味わってもらいたいと思うようになりました。将来はリノベーションで、衣食住を提案できるようなお店をつくりたいですね」と、笑顔で語ってくれた。

私のリノベオーダー「広々したリビングと十分な収納スペース」

一軒家がほとんどない地域でしたし、マンションで自分らしい住空間をつくれるのは、リノベーションしかないと思いました。

日当たりの良いリビング。風が通るように、子ども部屋の壁にも窓を付けている

Kitchen:裏側にあったキッチンを対面式にリノベーション。台所仕事をしながらリビング全体を見渡せるようにキッチンスペースを一段高く設計。食器類はパントリークローゼットに隠してすっきり収納

家族の希望をカタチにした1LDKのような広いリビング

リビングの一角にあるご主人のワークスペース。家族とゆるやかにつながりながらも、壁側にあるため集中して過ごせる。

リノベQ&A

リノベーションを選んだのはなぜ?

一軒家がほとんどない地域でしたし、マンションで自分らしい住空間をつくれるのは、リノベーションしかないと思いました。

Renovation Data

  • 設計:株式会社ヴィリオ
  • 施工:株式会社ヴィリオ
  • 築年:25年
  • 竣工:2017年
  • 延床面積:79,83㎡㎡
  • 家族構成:4人(夫妻、お子さま2人)
  • 設計期間:1.5ヵ月
  • 施工期間:2ヵ月

このリノベを手がけた会社

  • 株式会社ヴィリオ/VRILLO Co.,Ltd.
  • 北九州市小倉北区京町1-4-11 3階
  • 093-883-7188
  • Webサイト
他の事例も見る 資料を取り寄せる