暮らしの楽しみが広がる
2つのスキップフロア

築29年のデザイナーズマンションをフルリノベ。
ゴージャスな内装は、ナチュラルな北欧風に変え、
家事動線の良い暮らしやすい空間に生まれ変わらせました。

マンション

ワンオペ育児を乗り切る秘策は〝キッチン中心の家事動線〟

Living dining:4LDKを2LDKに変更。ドアで仕切らず、緩やかに家全体がつながる間取りになり、どこにいても家族がお互いの存在を感じられる家に。フロアの高低差が空間のアクセントになっている。「設計士さんのセンスが良く、インテリアも提案してもらえて良かったです」

『新栄不動産販売』で中古マンションを購入したHさんご夫妻は「独立した間取りやデザインは私たちに合わない。生活動線を考えてつくり変えよう」と全面リノベーションを決意。相談をもちかけた数社の中から、〝生活者目線での提案と、断熱へのこだわり〟に魅力を感じ、新栄グループの会社[イエノタネ]に依頼することにした。

二人が特に生活動線にこだわったのは、ご主人の単身赴任が決まっていたから。「3人の子どもを育てながら、私も働いているので、キッチンを中心に家事も子どもの世話も一カ所で完結できるようにしたかったんです」。キッチン、洗面・浴室、ウォークスルークローゼットを家の中央に配置することで、〝子どもをお風呂に入れて着替えさせる〟〝脱いだ服を洗濯して乾かして、畳んで片付ける〟これらをわずか数歩のアクションでクリアできるようになった。「クローゼットを通り抜けられる回遊式の間取りも便利。ワンオペでもなんとかこなせているのは、この動線のおかげです」と奥さまは笑顔を見せる。二つのスキップフロアで高低差をつけてスペースを区切り、広がりを感じさせる工夫も見逃せない。「中2階風フロアにして、上は子どもの勉強スペースに、下は収納にしました。もともとあった窓際の小上がりはカーペット張りにして、子どもの遊び場に。人が集まる時は腰掛け代わりにも使えるんですよ」とお気に入りの様子。「内窓断熱のおかげでエアコンの効きもすごく良いし、デザインも住み心地も言うことなしです」。

私のリノベオーダー「働きママがワンオペで3人の子育てと家事ができる家へ」

キッチンから家全体を見渡せて、効率よく家事ができる動線を希望。デザインは北欧風に。機能的なだけでなく、ワクワクしながら暮らせるアイデアも盛り込みたくて。

Skip floor
Familydesk:リビングの一角をスキップフロアにして子どもの勉強スペースに。アイアンの手すりはオリジナルで造作したもの。床下は高さ90cmの収納。

料理、洗濯、子どものお風呂と着替えが数歩で終わる

Before:バブル期を彷彿とさせるゴージャスな内装。Hさんの生活には不便な間取りとデザイン。

リノベQ&A

リノベーションを選んだのはなぜ?

新築マンションも内覧したけれど、どれも個性がなくコストパフォーマンスも良くなかったので中古のデザイナーズマンションを購入。ゴージャスな内装は、妻が好きな北欧風につくりかえました。

Renovation Data

  • 設計:株式会社イエノタネ
  • 施工:株式会社イエノタネ
  • 築年:1991年
  • 竣工:2018年
  • 延床面積:134㎡㎡
  • 家族構成:5人(夫妻、お子さま3人)
  • 設計期間:約3ヵ月
  • 施工期間:約4ヵ月

このリノベを手がけた会社

  • 株式会社イエノタネ
  • 福岡市中央区大名2-11-25 新栄ビル2階
  • 092-707-1610
  • Webサイト
他の事例も見る 資料を取り寄せる